ブログ

ブログ

どんなイスに座って食事されていますか?

こんにちは、歯科医師のRです。

今回は、食事の時に座るイスについてのお話です。

 

皆さんは、食事の時、どのように座っていますか?

テーブルを囲ってイスに座っている方もいるでしょう。

低いテーブルで、床に座っている方もいると思います。

 

お子様は、食事の際に、足がしっかりとついた状態で食事をされていますか?

足がついていない状態でブラブラしちゃった環境で食べていませんか?

 

足をしっかりとつけた状態で食事をされると、足がついていない状態と比べ1.5倍も噛む力が上がるといわれています。

私たち大人でも、力を入れる際は、必ず地に足がしっかりと着いていないと踏ん張れませんよね?

噛む力を養うのにも、しっかり足がついた状態の方が筋力アップにもつながるのです!

踏ん張ることができれば、体幹も安定し、姿勢も良くなります。

また、足がブラブラな状態だと、食事中も集中力が続かず遊びながら食事をされがちになってしまいます。

 

しっかり噛むことで、適度な刺激が顎の成長を促してくれるだけでなく、脳のも刺激が与えられ、

脳も活性化し記憶力も増します!

よく噛むことは、認知症予防にもつながるのですごく大事なんです(^^)

 

多くのご家庭は、大人に合わせた食卓の高さになっていると思いますので、

足がつかない状態で食事をされている方も少なくないと思われます。

子供用のイスには、足を置くことのできる台座がついている物がありますが、このためなんですね!

 

今ご家庭にある、食卓やイスを今すぐに買い替える必要はありません!

クッションや雑誌などを積み重ねて高さを作ってあげ、踏める状態をつくっても構わないのです!

足がしっかり安定して踏める環境を作ってあげればいいのです。

 

ぜひこの機会に、一度ご自宅の食事の環境を見直してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です