ブログ

ブログ

歯ブラシ、どんな持ち方で磨いていますか?

こんにちは、歯科医師のRです。

今回は、正しい歯ブラシの持ち方についての話です。

 

皆さんは、食事をしたあと、寝る前など、一日数回歯磨きをしていると思います。

では、どのような持ち方で歯磨きを行っていますか?

逆手や順手で握ったり、指でつまんだりといろいろな持ち方があると思いますが、

正しい持ち方は、ペンを持つような持ち方(ペングリップと呼びます)で磨くことなのです。

おそらく多くの方は、傘をさすような持ち方(掌で握る感じ:パームグリップと呼びます)で磨いてることでしょう。

このパームグリップの持ち方、確かに握りやすいししっくりくるので用いる方も多いのですが、

この持ち方だと、力が入ってしまい強く磨いてしまう傾向にあります。

また細かい運動が行いにくいので、細かい部分の汚れを落とす歯磨きには向いていないのです。

ペングリップは、慣れるまでは握りにくく感じますが、

マスターすると、あらゆる方向に対応できるようになります。

力加減もコントロールしやすいので、お勧めです☆

ただ、小さいお子様や、手の不自由な方にはこの握り方が難しい場合がありますので、

どうしてもペングリップの持ち方が駄目なら、パームグリップでも良しと思ってください!

 

こんどう小児歯科では、来院される患者様の年齢や状態をみながら、

その方に合った歯磨き方法を指導しています。

詳しい歯磨き方法は、当院スタッフまでお尋ねください。

お待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です